事業概要

品川剣道連盟は品川区総合体育館道場の毎週水曜、日曜の定期稽古会を始め、区内、大井、品川、荏原、大崎の四支部の道場で域内の一般剣道家、青少年少女の剣道の修練を地道に続けています。

剣道連盟ではこのような日頃の稽古のほかに次のような行事を行い、区内の剣道の更なる発展と普及に努めています。

  1. 剣道大会
    毎年9月に当連盟主催の品川区剣道大会と4月・10月に品川区主催の春季、秋季品川区民スポーツ大会剣道大会を開催しており、区内の多くの選手が参加し、日頃の稽古の成果を発揮した熱戦が繰り広げられています。
  2. 段級審査会
    年間、春秋2回、「実技」「剣道形」「学科」の三段以下の段審査、一級以下の級審査を行っています。尚、四段以上の段審査は当連盟から東京都剣道連盟に審査申請を行っています。
  3. 講習会・錬成会
    四段以上、受審者向けの講習会、指導者養成講習会、日本剣道形研修会、区内少年少女錬成会を開催しています。目黒区と合同稽古会も定期的に行っています。また、城南ブロック剣道講習会、東京都剣道連盟主催、全日本剣道連盟主催の高段者向けの稽古会、講習会への参加、受講生の派遣も行っています。
  4. 対外試合
    東京剣道祭、京都大会、都民大会、東京都剣道選手権大会、国体予選会、東京都青年大会、城南四区親善剣道大会に参加しています。
  5. 一泊遠征
    毎年9月に関東他県の剣道連盟との稽古会として「一泊遠征」を開催、剣道を通じて親善交流の場を広めています。
  6. 忘年会、祝賀会、定期総会
    1年の総決算として連盟理事の参加による定期総会を開催、連盟の年間行事活動の報告、計画と収支決算・予算を審議します。また、12月には恒例の年間昇段者や功績をあげた会員の祝賀会を兼ねた忘年会を開催しています。